北のソイ釣りスト

かつて「北のソイ釣りスト」として恐れられたブログが、今ここに蘇る…

【インプレ】BlueCurrent 76Ti

おつかれさまです、スコシです。

信仰で記したとおり、スコシはヤマガブランクス信者であります。

その信者がブルーカレント 76Tiを実際に振ってみて、実際に釣ってみたインプレです。

 

ブルーカレントは既にブルーカレントⅡへと移行し、そのブルーカレントⅡもカタログ落ちが著しい状態にあります。

時代はブルーカレントTZ。

ともあれ、5年以上前に、初めて手にしたブルーカレントが、この76Tiでした。

メバルやアジの、大きいサイズを対象としたモデル。漁港のソイに対してピッタリじゃないかと思ってね。

 

実際に手にして、言葉を失いました。

なんだこのロッドは…凄すぎる…って…。

何よりもまず、美しさ。

f:id:Chihirology:20180417132643j:plain

7フィート6インチにして76gという軽さ。

Lure 1-10g、Line PE0.3-0.6号。

それまでスコシの持っていたハードロックフィッシュロッドは

Lure 5-14g、Line 4-8lbsとLure5-21g、Line 5-12lbsの2本、どちらも7ft。

これらとは比べ物にならない繊細さでした。

ノーシンカーや1.8gジグヘッドの操作性は完璧の一言。

1.8gのジグヘッドワッキー中層ふわふわで、何度いい思いをしたことか…

 

スコシに、ライトリグの楽しさを教えてくれたロッドです。

1.8g〜3.5gというライトなリグの操作性に長けています。5.3gは、投げることは出来るけどリフトさせるには少し柔い。

 

77TZ/NANOの導入で、出番は減ってしまうかと思いますが、今後とも大切に使っていきたいと思います。