北のソイ釣りスト

かつて「北のソイ釣りスト」として恐れられたブログが、今ここに蘇る…

スコシとダーツの出会い

おつかれさまです、スコシです。

ダーツ復帰後第1戦に行ってきましたが、そのレポはあとに回すとして、スコシとダーツの出会いについて記したいと思います。「スコシのマイダーツの話」も、合わせてご覧下さいね。

ダーツ、ゲームセンターやネットカフェでやったことある方も多いと思います。1ラウンドで3本の矢を投げますね。スコシも、マイダーツを買う前から何度もやってました。

スコシが本格的にダーツを始めたのは、体調を崩して休職して、少し良くなった頃です。毎日毎日休むのも暇だなぁという頃、友達とダーツをしたら楽しかった。それでマイダーツを買って、本格的にやってみようと思い始めたのです。今から思えば、毎日外出する、軽い運動、適度な脳の活動、そんなことを兼ねて社会復帰のリハビリになっていたと思います。

毎日ネカフェに通って3時間パックでダーツの投げ放題をやって、それがいつしか6時間パックになって、最後には8時間パックになり…。毎日毎日休むことなくダーツを投げていました。背中が痛くなっても、足腰が痛くなっても、肩や肘、手首、様々な筋肉が痛くなっても、ストイックに投げ続けました。ダーツで使う体幹や腕の筋肉はダーツで鍛える。ダーツに必要な集中力はダーツで育む。上手い人達をチラ見しながらフォームを盗み、矢の持ち方を見直したりしながら、とにかくとにかく投げ続ける…。友達からは「合宿じゃねーか」とか言われる始末。1000時間くらいはやったんじゃないかな。

ところでダーツは二大メーカーがシェアを争っていますが、どちらのメーカーも、カードに成績を記録することが出来まして、成績によってレーティングが出てきます。1000時間も投げて、スコシは「初級者」のレートのままでした。「中級者」には、ギリギリ届かなかったんだ。才能ないのかもしれない。

それでも「概ね」狙ったところに飛ぶようにはなりました。うまくすれば、ど真ん中(ブルズアイ、通称ブル)に3本入るくらいには。ギリギリで3本とも入らないこともある。それがこれ。同じところに飛んでるのは評価できますが…
f:id:Chihirology:20180615122454j:image

わははは…泣いてないよ。